育毛GO

抜け毛が気になったら実践したいハゲ対策

育毛剤が効く「浸透」「作用」「改善」3つの効果のメカニズム

投稿日:

育毛剤が効く「浸透」「作用」「改善」3つの効果のメカニズム育毛剤による頭皮ケアを続けることによる発毛に至るメカニズムは、大きく3つの段階に分けて考えることができます。

有効成分の「浸透」「作用」「改善」という3つの効果です。

有効成分が頭皮に馴染み、毎日頭皮に影響を与える継続したケアを通して、頭皮改善・血流促進・毛母細胞の活性化が実現しているわけです。

医薬部外品の作用は医薬品のように「発毛」ではありませんが、「毛母細胞の機能が改善する緩やかな効果」は期待できます。

育毛剤が頭皮に馴染み、発毛環境の改善を生み出すための育毛剤の選び方やケアの方法を確認してみましょう。

「生える育毛剤はない」が「効果のない育毛剤もない」

発毛剤「リアップ」は、発毛有効成分であるミノキシジルを含む第一類医薬品です。

しかし、育毛剤の多くは医薬部外品で、血流促進効果や抗炎症効果、細胞活動への刺激、そして頭皮の保湿効果などにつながる成分が緩やかに頭皮に働きかけます。

育毛剤は、厚生労働省が一定の効果を認めた成分を配合することにより「医薬部外品」と表示することができます。

有効成分が少ない場合や含まれない場合は「化粧品」に分類されています。

つまり直接の「発毛効果」ではなく、間接的に発毛環境を改善させることで抜け毛が増えるリスクの改善につなげているのです。

しかし、育毛剤には生薬としての信頼性や実験結果に基づいて効果が認められた「有効成分」が含まれているので、「効果がない育毛剤はない」と考えることもできます。

育毛剤全体の有効性を高めるメカニズムを、「浸透」「作用」「改善効果」の3つに分けて紹介します。

育毛剤の頭皮への「浸透」について考えてみよう!

育毛剤は、頭皮に浸透しなければ有効成分の効果は発揮されません。

頭皮は、頭皮全体の保湿を保ち外部の紫外線などの影響によるダメージ避けるために、皮脂の膜で覆われ保護されています。

しかし、1日生活するとゴミやホコリや自身のフケなどとともに汚れた状態になります。

たとえば、この状態で育毛剤を塗布してもなかなか頭皮や毛穴から浸透することは考えられません。そこで、浸透力を高めるために3つのケアに注目します。

「育毛剤有効成分のナノ化による浸透力アップ」、そして「シャンプーによる皮脂バリアの除去」と「毛穴に詰まった皮脂の洗浄」です。

注目を集めているのが「ナノ化」によって浸透力を高めた育毛剤です。有効成分を頭皮全体や毛母細胞まで届ける技術を採用した育毛剤も増えてきました。

しかし、浸透力の高い育毛剤が必ずしも万能なわけではないということも理解しておきましょう。

そこで、自分で浸透力を高める方法を基本に考えることにします。シャンプーの工夫です。

頭皮全体の皮脂は、シャンプーをしっかり泡立ててマッサージするように洗髪すればある程度洗い落とすことができます。

毛穴に詰まった皮脂は毛穴から押し出すイメージで丁寧に洗えば、毛穴の皮脂洗浄効果は違ってきます。皮脂を落とす洗浄力の強いシャンプーも多くあります。

皮脂を極端に洗い落とし過ぎると、頭皮が乾燥したり、潤いを失うため、逆にフケが発生することもあるので注意が必要だというリスクを押さえておくことも重要です。

育毛剤の「作用」は血流促進と保湿効果と抗炎症効果

育毛剤には、ミノキシジルのように血管を拡張して発毛を促進する効果は見込めません。

しかし、頭皮全体に栄養分が届きやすくするための血流促進効果が期待できる有効成分が含まれています。

また、抗炎症効果を生む有効成分もほとんどの育毛剤に含まれています。

たとえば、汚れた皮脂が多過ぎると雑菌が増えます。

そこで、頭皮全体を清潔にすることで炎症を防ぎます。炎症が起きると痒みや発疹が出てきますが、この修復のためにしっかりと血液を送る必要があります。

髪の毛の成長にも欠かせない血液が、細胞の修復に使われてしまいます。

毛穴の途中にバジル領域があります。

ここで新しい髪の毛の元となる毛包幹細胞が生まれ、根元の毛母細胞で髪の毛の成長作用が生み出されています。

毛穴から育毛剤の有効成分を浸透させることができれば、毛根全体の細胞にとっても、髪の毛を作る細胞にとっても効果的だと理解できます。

有効成分がしっかり作用すれば抜け毛につながる頭皮の悪化は改善する

継続した育毛剤の塗布によって有効成分が作用することで改善効果が生まれます。

つまり、AGAによる「血流不足」「保湿不足」「細胞の新陳代謝の衰え」「頭皮の炎症」などの改善につながり、バランスが崩れていた頭皮改善・血流促進・毛母細胞の活性化を取り戻すようになります。

ここまでが、医薬部外品としての育毛剤のメカニズムです。

育毛剤は、植物抽出液など生薬由来の成分を中心に薬品を加えることで頭皮や毛根全体の組織を健康な状態に戻す作用を助けています。

育毛剤の多くが「頭皮改善」を伝えようとする理由もここにあります。

しかし、個々の育毛剤には特徴があり、頭皮改善・血流促進・毛母細胞活性化のどの問題点にアプローチするかによって有効成分の量や効果の説明が違っています。

商品説明を見るときには、何に着目した育毛剤なのかをしっかり見極め、自分に合う育毛剤を選ぶ必要があります。

まとめ

育毛剤の効果を見極めるとき、有効成分の作用を知ることは重要です。

皮脂が多すぎてベタついている場合と、乾燥して潤いや保湿がない場合は、育毛剤も変える必要が出てきます。

有効成分とその作用、また頭皮に馴染ませる「浸透効果」を育毛剤に求めるのか、シャンプーなどの工夫によって実現するのか、もう一度考えてみる必要があるかもしれません。

「即効性のある育毛剤」はありませんが、症状に効果的な成分をしっかりと頭皮に馴染ませるケアが実現できれば「効かない育毛剤はない」という実感も得られるでしょう

-育毛剤

Copyright© 育毛GO , 2019 All Rights Reserved.