育毛GO

抜け毛が気になったら実践したいハゲ対策

育毛に良いとされる食べ物と飲み物に効果はあるのか?

投稿日:

育毛に良いとされる食べ物と飲み物に効果はあるのか?育毛に良い食べ物の代表格は「牡蠣」や「大豆製品」ということはよく知られています。

しかし、毎日の食卓に並ぶのは「から揚げ」や「焼肉」、日によっては「刺身」もあるでしょう。

若い世代だと「いわし」のような煮魚を好んで食卓に用意する人は少ないかもしれません。ラーメンの日もあります。

つまり、育毛に良いとされる食品は少なく、どちらかというと血流を阻害したり、高血圧につながる脂っこい食事や塩分の多い食事をしていることになります。

明日から「牡蠣と豆腐にしよう」と決められない、でも薄毛の進行は阻止したい、そんな方にとっておきの食事メニューを紹介しましょう。

薄毛対策におすすめの育毛効果の食べ物

まず、薄毛対策として知られる食品を確認します。

牡蠣、納豆、ナッツ類、レバー、いわし、高野豆腐、焼きのり、乳製品、緑黄色野菜などです。

たんぱく質、イソフラボン、亜鉛、ビタミンA・B・C・Eが多く含まれているためです。

味噌汁

汁ものであれば、味噌汁、シジミやあさり汁、野菜スープは用意できます。

塩分控えめの味噌を使い、豆腐や油揚げ、タマネギ、ワカメなどを煮込めば味噌汁ができます。

大豆イソフラボンと同じ、女性ホルモンの働きにつながる栄養分を食事のなかで無理なく摂ることができます。

シジミ汁は肝臓の機能回復につながるため、アミノ酸を効率よく髪の毛を育てるために使うことができます。

野菜スープ

キャベツやタマネギなどを材料にした野菜スープは、栄養分が摂りやすくなります。

タマネギは血液の流れをよくする野菜として知られています。

ニンジンなどに含まれるβ-カロテンはファイトケミカルが抗酸化作用をうながし、免疫力を高めるという研究報告もされています。

髪の毛の成長に必要な栄養分の摂取とともに免疫力を高めれば、細胞の新陳代謝をうながすことができます。

無理せず薄毛対策に効果的な栄養素を摂るポイント

たんぱく質を多く含む牛肉や豚肉、鶏肉は日頃の食卓に乗ります。

これに、干しシイタケと高野豆腐をだし昆布と合わせて煮込むなど、一品添えるメニューを考えます。

ヒジキやあえ物、酢の物も必要です。

カリフラワーなど免疫力強化につながり、意識しないと食べない野菜も積極的に食べるようにします。

食事の基本は「薄毛が進むからダメ」ではなく、量を少し控え種類を増やす意識がポイントです。

朝は、いわしの干物や味付け海苔、納豆を添えましょう。

パン食であれば、トマトや赤ピーマンなど色の濃い野菜やチーズを添えると良いでしょう。コーヒーの代わりにコーヒーテイストの豆乳もあります。

牡蠣や豆腐を多く摂る、から揚げなど脂っこい料理を避けるのではなく、一品加えたり、揚げ物はキッチンペーパーに一度載せるなど、ちょっと工夫をするだけで無理なく薄毛対策につながる食事に変えることができます。

育毛に良い飲み物

育毛に良い飲み物柑橘系の果物にはビタミンCが多く、頭皮の潤いや髪の毛のツヤを生み出すコラーゲンの生成も助ける作用があります。

また、医学的にも血流促進効果が見込まれ、昔から言い伝えで頭皮を軟らかくする作用も期待できます。

スイーツなど美味しいグルメも楽しみますが、飲み物はコーヒーだけでなくレモンティーや緑茶にしてみるのも良いでしょう。

また、毎晩の楽しみとなりがちなビールも少し控えてみましょう。

アルコールの飲み過ぎは肝臓に負担をかけ、髪の毛の成長に必要なアミノ酸「システイン」や「メチオニン」が、アルコールの分解のために使われてしまいます。

また、亜鉛やビタミンの吸収率も低下するようです。

そういう意味では、夜寝る前に一口「生薬成分の薬用酒」を飲むことで全身の血流促進効果が生まれ育毛には効果的です。

育毛に悪い食べ物

育毛に悪い食べ物ポテトチップス

基本は、糖尿病や高血圧など生活習慣病の予防を考えた食事に心がける必要があります。

糖質、塩分量をできるだけ抑える食事の習慣が大切です。

コンビニ弁当やファストフードがよくないと言われますが、栄養バランスも考えたメニューなので一概に「悪」だと決めつけることはできません。

ただし、1週間毎日夜はコンビニ弁当だとか、毎日居酒屋に通って高カロリー食やアルコールを過剰に摂取する習慣を避けて、できるだけ自分でメニューを考えるようにしましょう。

抜け毛対策に有効だとされる食品の中には、大豆食品のように男性ホルモンの悪影響を抑えたり、血流を促進したり、頭皮の保湿につながる効果が言われています。

逆に、ポテトチップスに含まれる食品添加物のトランス脂肪酸は血行不良につながり、長期保存が可能なハムやベーコンに含まれるリン酸塩は亜鉛の体内への吸収を妨げると言われています。

全て排除することはできないので、偏った食生活を避けることでリスクを回避するようにしましょう。

まとめ

薄毛の進行は深刻ですが、食事制限でストレスを加えることは逆効果です。

紹介したように、食卓に一品加えるだけで無理なく効率的に髪の成長に必要な栄養素は摂ることができます。

血液の流れをスムーズに食事に心がけ、常に新しいメニューを研究しながら「グルメ」と「育毛」の両立を図る気持ちの余裕も必要です。

ただし、自身の食生活のなかで不足がちな「弱点」を見極め、時にはあまり好きになれないメニューも栄養バランスのためだと割り切って挑戦するようにしましょう。

-薄毛・ハゲ対策

Copyright© 育毛GO , 2019 All Rights Reserved.