育毛GO

抜け毛が気になったら実践したいハゲ対策

【ツボ療法】育毛効果が期待できる手のひらを使った頭皮マッサージ

投稿日:2018年8月26日 更新日:

【ツボ療法】育毛効果が期待できる手の平を使った頭皮マッサージ育毛の基本は「育毛剤の塗布」とともに「頭皮マッサージ」といっても良いぐらい、マッサージは育毛ケアにとって重要です。

理由は「血行促進」です。

AGA(男性型脱毛症)に悩む多くの男性の多くは、頭皮が薄く硬くなっています。頭皮を揉みほぐしながら血行を促進することで、栄養分が届くようにします。

また、育毛剤の有効成分の浸透も助けます。

育毛効果につながるマッサージのコツを、東洋医学の「ツボの刺激」と、手の平を使う「両手マッサージ」から確認しましょう。

こめかみのM字ハゲの進行と頭頂部が薄くなる理由

AGAの代表的な症状として、額が後退するM字ハゲや頭頂部の地肌が広がる症状があります。

原因として、こめかみから前頭葉部分の血管が少なく、頭頂部は血流が滞りやすいという点が挙げられます。つまり、血流不足は髪の毛が育たなくなる大きな原因だと言えます。

以下、AGAが進行しているときの頭皮の状態を3点挙げています。自身の状態を確認してみましょう。2項目以上に該当するはずです。

頭皮が薄く硬くなっている

血流が悪くなっている症状です。夏場はよくわかりませんが、冬場だと手の平を広げて頭皮に近づけても温もりが感じられません。

また、指先で頭皮に触れると冷たさが伝わってきます。薄毛部分と後頭部の髪の毛がある場所を比較するとよくわかります。

シャンプー後、あるいは日常の休憩時間にも頭皮全体を揉みほぐす習慣を続ければ改善します。

頭皮がズルズルとして赤茶けた色になっている

皮脂が多すぎる状態です。

皮脂は5αリダクターゼ「Ⅰ型」が原因とされており、皮脂が多すぎると弱酸性に保たれるべき頭皮バランスが崩れ、雑菌も繁殖しやすくなります。

この症状が10代後半から20代で見られると、アレルギー体質が影響するAGAということも考えられます。

いずれにしても、頭皮が硬くズルズルとした状態は早急な改善が必要です。

まず、アミノ酸系の無添加シャンプーを使って焦らず様子を見ましょう。シャンプー時の頭皮マッサージも重要です。

頭皮がパサパサしてフケが多い

頭皮の保湿バランスが崩れています。

頭皮の乾燥は血流不足とともに抜け毛の進行を早める大きな要因です。

アミノ系シャンプーとともに、亜鉛などのミネラル分を食事や育毛剤によって補給するようにしましょう。育毛剤の浸透を助ける、ゆっくりと頭皮を揉みほぐすマッサージが効果的です。

リラックス時間にツボを刺激しよう

東洋医学によるAGA治療の直接効果を表す実験データは見当たりませんが、血流を促進する方法としてツボ療法が知られています。

頭部の血行促進に有効だとされる「ツボ」を確認しておきましょう。

大きく、4か所あります。後述する手の平を使った頭皮マッサージや、育毛剤の塗布などと併せて刺激すると全身の凝りもほぐれてきます。

頭頂部

「百会」「通天」と言われるツボです。

頭頂部とその横にあり、脱毛予防や抜け毛予防効果があると言われるツボです。頭頂部はツボを押さえると同時に、手によるマッサージも併せて行うことができます。

後頭部

「天柱」「風池」と言われるツボです。

後頭部の首に近い部分にあり、後頭部の抜け毛緩和や円形脱毛症の改善効果があると言われるツボです。首筋は、ツボを押さえる同時に手で軽く叩いても良いでしょう。

胸とお腹部分

「中府」「関元」と言われるツボです。

首の付け根のくぼみ部分とおへその少し下にあり、抜け毛予防や円形脱毛症に効果があると言われるツボです。へその下にあるツボ「関元」は軽く抑えることで胃の刺激も感じられ、日常動作として簡単に行うことができます。

手の甲

「合谷」「陽池」と言われるツボです。

親指と人差し指の付け根、手首の横しわの中央部分に当たり、同じように抜け毛予防や円形脱毛症に効果があると言われるツボです。

手の甲のツボは仕事の合間や通勤電車内でも自然に行うことができます。

パソコンの使用で疲れた手をほぐす効果も期待できます。

手の平を使った頭皮全体のマッサージ

マッサージは育毛ケアグッズを使ってもできますが、両手を使った頭皮全体のマッサージはいつでも簡単にできます。

育毛剤使用時だけでなく、休憩時間にも軽くマッサージすることで疲れて硬くなった全身の筋肉を和らげる効果も期待できます。

シャンプー時とシャンプー後の育毛ケア

温めた頭皮は緊張が少し緩むため、シャンプー時のマッサージもしっかり行います。

シャンプー後に頭皮をしっかりとドライヤーで乾燥させたら、育毛剤を塗布して両手でしっかり揉みほします。

育毛剤の浸透を助け、血流促進と頭皮の柔軟化効果が高まります。

朝のブラッシングで頭皮マッサージ

朝は、動物の毛を使った育毛ブラシで頭皮をキズ付けないようにやさしくブラッシングをします。

頭髪の生える方向と逆にブラッシングすることで、毛根を刺激して血流促進効果が期待できます。

仕事の合間にヘアスタイルを崩さず頭皮マッサージ

仕事の休憩時間を利用して、ツボの刺激とともに肩を回すなど全身を動かすことも筋肉を和らげ血流促進効果が期待できます。

まとめ

AGA治療薬として効果が認められているミノキシジルは、血管を拡張して血流を促進する作用があります。

血流は薄毛や抜け毛の進行を抑えると同時に、全身の健康の源でもあります。頭皮の血流不足の状態は、頭皮を触って判断することができます。

前頭葉と後頭部の頭皮を指先で触り冷たいと感じたら、いますぐ両手を使ってマッサージをしましょう。

ゆっくりと揉みほぐし、指先で頭皮のツボを押さえるだけでもすっきりします。

-育毛ケア

Copyright© 育毛GO , 2019 All Rights Reserved.