育毛GO

抜け毛が気になったら実践したいハゲ対策

AGA治療のための専門クリニックと地方都市皮膚科の違い

投稿日:

AGA治療のための専門クリニックと地方都市皮膚科の違い

育毛剤も進化し、頭皮改善効果は期待できるようになってきました。

しかし、遺伝の影響が強く抜け毛が止まらない場合、AGA治療も選択肢のⅰつと言えます。

育毛剤(医薬部外品など)と比べると、厚生労働省が認可した治療薬を使い、医師の診断に基づいた処方が行われるため治療効果も高く安全です。

しかし、治療は中断すれば元に戻るため、継続した通院と費用の問題も出てきます。

AGA治療のための病院の選び方、病院を選ぶ注意点を中心に紹介します。

AGA治療はどのように治療するの?

AGA治療を行う病院は、大都市圏に集中するAGA専門クリニックのほか美容外科、地方都市では診療科目に掲げなくても治療に対応する総合病院や皮膚科クリニックもあります。

近くに「AGA治療」を掲げた病院がなければ、確認してみましょう。

AGA治療の基本は、プロペシアやザガーロに代表される内服薬とミノキシジル外用薬で行います。

いわゆる、遺伝に影響されるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで抜け毛を減らし、血管を拡張して発毛を促進する治療です。

治療薬はいずれも、厚生労働省が認可したAGA治療薬を使います。一部、薬代を安くするためにジェネリック医薬品を使う専門医もいますが、成分は同じなので効果に違いはありません。

医師は血液検査でDHT量を把握し治療方針を立て、経過観察をしながら薬を処方するので安全に治療を進めることができます。

効果が認められた治療薬の発毛効果と医師の指導で治療を進めれば、精神的な支えにもなります。

AGA治療の最大のネックは、治療を始めたら継続する必要があるということです。

血液中のDHT量は測定することができて、「通常は半分以下に抑え続ける」必要があります。服用を止めればDHT量は元に戻り、抜け毛も増えてきます。

通常、毎月2~3万円の治療費がずっと続きます。

AGA専門クリニックと地方都市の皮膚科の違い

AGA専門医と、地方都市の皮膚科クリニックでの違いを確認しておきましょう。

AGA専門医は多くの症例に接しています。一方、皮膚科医師の診療のほとんどは皮膚科に関連する治療です。

医薬品メーカーが医薬品を納入していることから治療方法に大きな違いはありませんが、精神的な悩みを伴うAGA治療は信頼関係も重要です。

育毛剤ケアで多くの情報を蓄積していると、専門医の説明に少しズレを感じることが出てくる可能性もあります。

できれば、最初からAGA専門医を選ぶ方が長く続くかもしれません。美容外科でも同様のことが言えます。確認事項を3点挙げます。

AGA治療のための病院の選び方

通院可能な場所

AGA治療は長く続きます。場合によっては新幹線や高速道路を使って、毎月1回程度通院する必要があります。

生活設計とも関わってきますので、自分が通院可能な場所にあるクリニックをおすすめします。

ホームページによる情報発信

AGA治療専門クリニックは、ホームページを使ってしっかりと情報発信を行っています。使用する医薬品の種類や効果、料金なども重要な判断材料です。

最近、初回診療だけ来院してもらい、スマホを活用して治療薬を処方するなど遠隔地に住む人の負担軽減を考えたクリニックも登場しています。こうした治療方針は主にホームページで発信されています。

地方都市の皮膚科の情報発信は、専門クリニックと比べるとまだまだ十分ではありません。近くでなければ通院できない場合は、個別に相談してみましょう。

治療方法と費用

治療は、無料相談から問診、診察、血液検査などを経て治療方針が決められます。

治療方法は内服薬と外用薬で同じですが、正規治療薬とジェネリック医薬品で薬の値段が2倍以上の差が出てきます。

また、一部クリニックではミノキシジルの内服薬を使ったり、独自に開発した治療薬を使う所もあります。

医師が処方するので一定の安全は確保されますが、特に治療薬の種類や価格はあらかじめホームページを見て情報として持つようにしましょう。

「何とかしたい」という曖昧な態度ではなく、治療の計画を自分で立ててみましょう。

医師と相談して「ジェネリック医薬品にしようと」と判断すれば、毎月の薬代は安くなります。

治療内容と費用を確認するためにも無料相談から

基本は、無料相談の対応が丁寧なクリニックを選ぶことです。

ホームページ上の情報は丁寧であっても、実際に医師が無料相談に乗るクリニックは限られています。この場合、「医師が相談に乗る」という表示があります。

また、多くは女性スタッフが対応しますが、相談後、治療を受諾しないと態度が変わるという口コミ情報もあります。

信頼関係が重要ということから、親身になってもらえるクリニックを選ぶことは重要です。

無料相談で、治療内容や費用はわかります。

ただ、フィナステリド錠やデュタステリド錠など専門用語が出てきます。

5αリダクターゼには「Ⅰ型」と「Ⅱ型」があり、対応薬の違いです。

できれば、少し事前に知識を蓄えて、自分の治療にはどういう方法が最適なのかシミュレーションしておくと良いでしょう。理解も早いし、積極的にAGA治療に臨むことができます。

まとめ

今後、地方都市の皮膚科病院にもAGA治療が広まっていくかもしれません。

しかし、AGA治療は早く始める方が治療効果は高まります。

まず、積極的に情報を集め、自分なら「プロペシア(またはザガーロ)」を内服しミノキシジルを塗布しながら、毎月1回の通院で治療を継続する」というように、具体的にシミュレーションをしてみましょう。

経費を抑えて、負担なく治療が続けられる方法が見つかるかもしれません。

-AGA治療

Copyright© 育毛GO , 2019 All Rights Reserved.